2014年5月アーカイブ



30代主婦管理人です。
最近、生活がたるみ、痩せにくい!!

ということで、自分の戒めのためにも、ダイエット成功した友人の話を書きつつ、やる気を出そうと思います。

私の中学時代の友人は、「ぽっちゃり」の見本のような体型で本人もそれをコンプレックスとしていました。

しかし、その友人には一目ぼれをした片思いの相手がおり、自分の体型に自身がない彼女は少しでも振り向いてほしいという思いからダイエットを始めたそう。

それからの彼女は、家の近くにある坂道を走ったり、野菜やフルーツを摂取したり、グリーンスムージーダイエットを実践したり、美肌を目指したり、お風呂から上がったあとのマッサージ・ストレッチを欠かさず行って

2年で10㎏以上痩せることに成功しました。昔のプリクラと今のプリクラを比べると別人のようになったくらいです。

以前の彼女はたくさん食べてストレスを発散するような子でした。嫌なことがあると私や先輩と食事に行ったり、部活の帰りにお菓子をたべたり暴飲暴食と言っても過言ではない状況にありましたが、今ではそれをやめ、「腹8分目」「3食きちんと」「地道な努力」を心がけて現在も体重をキープしています。

心なしか、痩せてから笑顔が絶えなくなったり、前向きな発言をしたり、愚痴をこぼすことも少なくなっていた気がしました。

「女は恋をすると綺麗になる」という言葉があるように、片思いの彼によく見られたいという気持ちは女の気持ちは最強なのだと思いました。

ダイエットをする理由は人それぞれですが、「誰かのために」痩せるということは普通のダイエットとは一味違う感じがします。友人自身もダイエットしたことで自分に自身がついて前向きになれて告白する勇気も沸いたのだと言ってました。

また、毎日ドキドキ・ワクワクすることが嫌なことも忘れ暴飲暴食の生活から卒業できたのだと思いました。

残念ながらその恋は成就しなかったものの、現在、彼女には素敵な彼氏がおりとても幸せそうな毎日を送っています。
恋をすると自分の中の何かが化学反応を起こし、自分をよく見せたいという気持ちがダイエット継続の糧になり目標に一歩近づくことができるのだと思います。

彼女の話を思い出すと、主婦になると日々の生活に追われて、ついついときめきを忘れてしまいがちな自分を反省して、
目標をもって毎日送る!っていう生活をしよう!と思います。

私も、スムージーは最近始めました。活性酵素を防ぐにはそれが一番な気がします。

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。